不動産取引

不動産取引は、賃貸、売買、仲介、いずれも場面においても様々な法的問題がございます。

小さな食い違いから、思いもよらないトラブルに転じてしまうことも珍しくありません。

現地の確認が十分か、契約書や重要事項説明書の内容に矛盾はないか、解約や損害金が問題となるはどのような場合か、 取引の前に、また、取引後でも、少しでも不安を感じたら、東洞院法律事務所までご相談ください。