借地・借家問題

「不動産案件」においては、様々な問題があり、そもそも一体どの専門家に何を相談したらいいのか、ということ自体よくわからないという方も少なくないことと思います。

「不動産案件」においては、弁護士だけでなく、税理士・司法書士・土地家屋調査士などの専門家の力も不可欠になるのですが、複雑な法的紛争を最後まで解決できるのは弁護士だけです。

必要に応じて税理士・司法書士・土地家屋調査士などのご紹介もさせていただきます。

京都では長年にわたる借地・借家が多く存在し、当初の契約書も消滅し、当初の契約者も存在しない場合が少なくありません。

東洞院法律事務所ではそのような長年にわたる借地・借家問題にも取り組んでおりますので、そのような問題でお困りの方がいらっしゃいましたら、当事務所までご相談ください。