各種書面作成

事業上の取引場面において、適切な契約書を相手方と取り交わしておくことは、合意内容の明確化と紛争の未然防止、曖昧な取引内容から生じる不利益の回避などの観点から重要です。

また、会社・事業の経営においては、契約以外にも従業員との雇用契約書をはじめ、適切な各種書面の作成は欠かせません。雇用契約書などは、その記載が曖昧であれば、従業員との間で紛争が生じた場合、会社にとって多大な不利益が生じることもあります。雇用紛争や労働災害も,最近では耳にすることが多くなりました。

コンプライアンス(法令遵守)という言葉が一般的になってきた昨今の事情に鑑みれば、一度費用をかけてでも適切な各種書面を作成しておくことによって、将来の無用の出費を避ける方が賢明です。