男女トラブル

結婚の約束をしたのに相手の心が変わってしまった、正当な事由なく相手に一方的に婚約を破棄された、相手の不倫が原因で結婚を取りやめたいなど、婚約相手による不当な所業により婚姻ができなくなった場合には、精神的慰謝料を請求することが可能です。

また、婚約によって結納や新居、結婚式場など準備が進行していた場合に生じる金銭的な損害に対して損害賠償請求をすることも可能です。

逆に正当な事由がある婚約の不履行に対しては、慰謝料や損害賠償の請求はできません。

損害賠償請求をすることが可能な例として,例えば、相手が不貞行為をしたことによる婚約破棄、相手から重大な虐待・屈辱を受けた場合、相手が性的不能者になった場合、相手の収入が極度に低下 し将来的に見て婚姻生活をするのが不可能であると判断された場合、相手が悪質な前科者だったことを隠していた場合などの事由で婚約を破棄した場合です。

婚約不履行に対する慰謝料や損害賠償は、示談交渉や内容証明、訴訟などによって請求します。

婚約の不履行で慰謝料・損害賠償を請求したい、または請求されたなどの問題は是非一度ご相談ください。

当事務所は,女性弁護士も執務させて頂いております。女性ならではの細やかさでご相談者・ご依頼人のお話をじっくりお聞きしています。