相続問題

相続問題は、感情的な対立があると当事者同士で話し合いをしても関係が悪化することが多いように思います。

このような場合であっても、弁護士を代理人としてたてることによって、冷静な話し合いができることがあります。

また、一見、相続人間で争いがないように見える場合であっても、相続問題を扱う資格を有しない人が介入して十分な内容の説明もしないまま一部の相続人に有利な内容の遺産分割協議書を作成してしまうケースも見受けられますので、ご注意下さい。

安易に遺産分割協議書に押印したりするのは危険です。まずは東洞院法律事務所までご相談ください。