顧問弁護士

顧問契約は企業と弁護士との関わりを密接にし、何時でも、どのようなことでも気安く相談できるシステムです。

このことによって、個別的な事件処理では得られない強い信頼関係が確立されるとともに、企業の真の利益にかなった総合的法律判断を行うことができます。

企業の総合的な法的アドバイザーとして、法律の専門家である弁護士を顧問とされることをお薦めします。

顧問企業のために、親身になって献身的なサービスを提供することをお約束いたします。